HOME    FAMILY    PROJECT    CAMPANY    CONTACT
鹿 島 丈 博
Takehiro Kashima
 
 

アテネオリンピック 体操競技 金メダリスト 銅メダリスト
北京オリンピック  体操競技 銀メダリスト

生年月日:1980 年7 月16 日
出身地:大阪府  現在:千葉県

清風高等学校(大阪府)→順天堂大学スポーツ健康科学部(千葉県)
 →セントラルスポーツ株式会社・順天堂大学大学院

現職:大東文化大学 スポーツ健康科学部 准教授

2003 年 セントラルスポーツ株式会社 入社・順天堂大学大学院 入学
2008 年 現役引退
2009 年 セントラルスポーツ株式会社 退社  
2009 年 大東文化大学 スポーツ健康科学部 講師
2019 年 大東文化大学 スポーツ健康科学部 准教授
 
【経歴】
 
 3 歳から体操を始め、幼少のころ足の怪我が多く、足を利用する練習ができなかったため、あん馬の練習を中心に行い、個性的なあん馬の演技ができるようになった。中学3 年生で初めて全日本選手権に出場し、種目別 あん馬にて優勝。
 その後、体操の名門清風高校そして、順天堂大学に進学し、同級生冨田洋之選手とともにインカレ団体連覇を修める。
 2003 年世界選手権において、鉄棒・あん馬の2 種目にて金メダルを獲得。翌2004 年のアテネ五輪にて団体 金メダル・あん馬 銅メダルを獲得。
 その後、肩の違和感を解消するために手術を行い、1 シーズン大会出場をせずにリハビリに専念。
 2007 年復帰し、世界選手権代表になるが、ドイツでの事前あん馬の練習中に左手甲の骨折。急きょ帰国し緊急手術、引退もささやかれる中、2008 年北京五輪日本代表選手として復活し、団体銀メダル獲得に貢献。2008 年秋現役引退を表明、12 月トヨタカップにて引退セレモニーを行い、現役を退く。
 翌年4 月から大東文化大学講師としてスポーツ全般を担当するとともに、2014 年から2 年間JOC 海外コーチ研修にてスタンフォード大学にて体操指導を学び、2016 年より日本体操協会 ジュニア強化本部員として活躍、2019 年より男子強化本部副部長/U18 本部長をつとめる。
 現在は、教鞭をとるほか、体操の楽しさを多くの子供たちに伝えるため、講演や体操教室などを行っている。
 
【主な成績】
 
1995 年 全日本選手権
       あん馬 優勝
1997 年 イタリアグランプリ
       個人  7 位
       あん馬 2 位
     環太平洋ジュニア
       団体  優勝
       あん馬 優勝
       鉄棒  優勝
1998 年 全日本選手権
       あん馬 優勝
       鉄棒  優勝
2002 年 世界体操選手権(デブレッツェン)
       あん馬 3 位
2003 年 第37 回世界選手権(米・アナハイム)
       団体  3 位
       あん馬 優勝
       鉄棒  優勝
2004 年 第18 回コトブス国際(ドイツ)
       平行棒 3 位
     アテネオリンピック
       団体  優勝
       あん馬 3 位
     中日カップ
       あん馬 優勝
     ワールドカップファイナル
       あん馬 5 位
       鉄棒  6 位
2005 年 世界選手権(メルボルン)
       あん馬 3 位
2008 年 北京オリンピック
       団体  2 位        
 
【主な活動】
 
<体操教室>
埼玉県立教育センター主催 『やったねできたね教室』

<メディア> 
2019 年ワールドカップファイナル(日本テレビ) 解説
2018 年NHK 杯 (NHK)解説
2018 年種目別選手権(日本テレビ)解説
世界選手権・リオオリンピック 共同通信・新聞コラム

<資格>
日本体操協会 審判資格

<役職>
日本体操協会 体操競技男子 強化本部 副本部長/U18 部長
日本スポーツ振興センター「スポーツジャパンアンバサダー」就任